まっさんのブログ ~みち楽の旅日記~

旧街道やウオーキング大会など、みち歩きを楽しんでいます♪

2024年5月12日(日) 第13回糸島三都110キロウォークに参加 ~完歩~

昨日(5/11(土))から「第13回糸島三都110キロウォーク」に参加。

 

昨日は、8時15分に自宅を出てバスで黒崎駅へ。黒崎駅から特急ソニックに乗車、博多駅からは地下鉄・JRに乗り筑前前原駅で下車。駅北口から無料シャトルバスに乗り、10時50分に会場の志摩中央公園に到着。

 

可也コミュニティセンターで受付を済ませる。特急ソニック車内で家で握ってきたおにぎり1個を食べ、ここで残りのおにぎり1個とゆで卵、バナナを食べ、エネルギーゼリーを摂取。手荷物を預け、スタート地点へ移動。

11時30分から開会式。太鼓の演奏が気分を盛り上げてくれる。

12時からAからEまでのグループごとに5分間隔でスタート。スタート時間は、参加申込時に申告した目標タイムを元にグループ分けされており、Aグループは20時間以内、BCは24時間以内、DEはそれ以外となっているようだ。私は目標タイムを24時間で申告していたのでCグループ。

12時10分、志摩中央公園をスタート。

本大会には昨年参加したいと思ったが、他のラン大会と日程が重なり、今回が初参加。

コースは、糸島半島を巡る1周56㎞のコースを2周する。制限時間は28時間(5/12(日)16時まで)。私にとっての最長距離を歩くことになる。

最近、モックを履くとエッジが右足外側くるぶし下に当たって痛いので、今日は雨が降るということもあり履き古したHOKAのトレランシューズを履く。

服装は、暑さを想定して先週大会と同じく、上は半そでのメッシュのアンダーレイヤーにTシャツ、下はコンプレッションタイツに夏ズボン。そして、先週の佐世保島原105において強い日差しで両腕が日に焼けたことを踏まえ、100均で買ったメッシュ生地のアームカバーを付ける。リュックサックはトレランザック。

 

ウェーブスタートなので、スタート直後の渋滞はそれほどひどくなく、歩道は広くなると通常ペースで歩けるように。晴れると思ったが曇りで、それほど暑くなく歩きやすい天気だ。渋滞がなく暑くないので、ついついペースが上がってしまう。

 

13時50分、海づり公園駐車場トイレ。

二見ヶ浦海岸

 

15時05分、第1エイド(つまんでご飯・17.6㎞地点)に到着。菓子をもらって食べ、水を補給。

 

15時45分、野北駐車場トイレ。

16時15分、第2エイド(24.0㎞地点・志摩中学校)に到着。バナナをもらって食べる。ここから先は、各エイドにポットが置いてあり、また本大会ではコーヒースティックとレモネードスティックが置いてあるのが特徴で、これを水や湯で溶かして飲む。私も熱いレモネードをもらって飲む。体が温まる。

日が暮れるのを見越してヘッドライト・懐中ライトを準備し、また夜半から雨が降ることを見越して夏ズボンからレインパンツに履き替える。トイレを済ませ出発。15分ほど滞在

 

30㎞地点手前の無駄に広い歩道。

17時45分、第1CP(チェックポイント)・第3エイド(31.5㎞地点・加布里漁港)に到着。おにぎりセット(おにぎり3個・たくあん)をもらって食べ、小水筒に熱いレモネード、ペットボトルに水を補給。トイレを済ませ出発。15分ほど滞在。

 

起伏の多い県道49号を歩く。ライト点灯。今日は日が暮れると眠くなり、それがずっと続く。

20時20分、第4エイド(45.7㎞地点・井原住吉神社)に到着。御縁もち(梅ヶ枝餅と同じような焼きもち)をもらって食べる。御縁もちは、温かくて満腹感がありエネルギー充填できた。小水筒に熱いレモネード、ペットボトルに水を補給し、トイレを済ませ出発。10分ほど滞在。

 

ここから志摩中央公園までは10㎞ほどだが、かなり長く感じる。

22時15分、第2CP・第5エイド(56.1㎞地点・志摩中央公園)に到着。ようやく1周を終える。糸島そうめんちり(鶏肉と野菜が入ったそうめん汁)をもらって食べる。とてもうまかったが冷めてたので、もっと熱いのが食べたかった。小水筒に熱いレモネード、ペットボトルに水を補給し、トイレを済ませ出発。15分ほど滞在し、22時30分に2周目スタート。

 

真っ暗な道をひたすら歩く。23時前からパラッパラッと雨が降り始め、漬物店の前で店の灯りを頼りにレインジャケットを着る。

前方を歩く参加者の尾灯を見ながら歩いていると、前方参加者が地面に矢印がないところで左の分かれ道を進み、私もそれに付いて進んでいたところ、気になってYAMAPを見ると1周目と異なる道を進んでおりコースを外れて歩いていることに気付く(帰宅してから地図で確認すると、桑原の東泉寺の先の左分かれ道のところで、グーグルのストリートビューで見ると歩道が左分かれ道方向に延びており、真っ暗で下ばかり見て歩いているとそのまま左手に進んでしまいやすいところだ)。

後方を見ると私に付いて歩いていた参加者がいたのでコースを間違っていることを伝え、前方参加者には懐中ライトを振りながら大きな声で道を間違えていることを知らせる。そして、分かれ道まで戻り正しいコースに復帰する。分かれ道に入って直ぐに気付いてよかった。YAMAPの軌跡データのおかげだ。

 

5/12(日)0時10分、海づり公園駐車場トイレ。

1時40分、第6エイド(・つまんでご飯・73.7㎞地点)に到着。焼き鳥と玉子スープをもらって食べる。玉子スープを冷めており、もっと熱いのが食べたかった。小水筒に白湯、ペットボトルに水を補給し、出発。

 

2時25分、野北駐車場トイレ。

3時00分、第7エイド(80.1㎞地点・志摩中学校)に到着。バナナをもらって食べる。小水筒に白湯、ペットボトルに水を補給。1周目のときに、ここのエイドの仮設トイレはものすごくきれいだなと思っていたら、こまめに拭き掃除してくれている方がいた(おかげで気持ちよくトイレを使うことができました、本当にありがとうございます)。トイレを済ませ、出発。

 

4時30分、第3CP・第8エイド(87.6㎞地点・加布里漁港)に到着。パン2個(あんパン・クリームパン)と飲むヨーグルトをもらい、クリームパンと飲むヨーグルトを食す。あんパンをザックに入れ、小水筒に白湯、ペットボトルに水を補給し、トイレを済ませ出発。15分ほど滞在。

 

90㎞地点を通過。残り22㎞。

日が昇るとトイレが近くなり、5時50分、波呂北交差点のコンビニでトイレを借りる。ペットボトルの水を購入。

このあと、強風が吹き始め、歩くのに一苦労。風に対抗しながら少しずつ進むが、相当に心と体力を削られる。そのため、県道49号の上り下りは前方を歩く参加者の後ろに付いてゆっくりペースで進むことに。6時30分、コンビニ前に設置された仮設トイレを利用。

 

7時30分、第9エイド(101.8㎞地点・井原住吉神社)になんとか到着。バナナをもらって食べ、小水筒に白湯を補給し、トイレを済ませ出発。残り10㎞。

 

波多江の踏切を過ぎた辺りで、そばを歩いていた参加者から「北九州市の●●さん、佐世保-島原ウルトラウォークラリーにも参加されていませんでしたか?」と声をかけられる(佐世保島原105と本大会のゼッケンには所在地と氏名が記されている)。足が動かないのでゴールまで引っ張ってほしいと言われ、私が先導して歩くことに。

この方は福岡市在住のSさんで、佐世保島原105にも参加されており、そのときにも私を見かけたので声をかけてくれたようだ。Sさんは、本大会は今回で11回目の参加、100㎞ウオーク参加回数およそ30回の超レジェンドだ。今秋のせとうちジャーニーウォーク120㎞にも参加申込み済みとのこと。

雨は小降りだが、歩道には水溜りが多くできていて避けながら歩くが、歩道いっぱいに水溜りができている箇所も多くあり、結局靴を濡らしてしまうことになる。

 

9時25分頃、Sさんといっしょにゴール。ゴール後、完歩証を受領。

可也コミュニティセンターで預けた荷物を受け取り、更衣室で着替えをする。濡れたものが多くて着替えが大変。

何とか着替え、荷物の整理を終え、帰途につく。外は雨が降り続き、傘を持ってくるのを忘れたので、近くのコンビニで傘を買ってバス停へ。

 

初バス停からコミュニティバスに乗って筑前前原駅へ。小さなバスで、乗客は参加者でいっぱい。運賃は一律200円だが両替機はなく、財布の中を見るとちょうど200円の小銭がありホッとする。

筑前前原駅からJR筑肥線に乗り天神で下車。西鉄天神高速BTから高速バスに乗り、13時10分に帰宅。県内開催だと帰宅時間も早い。

帰宅しても雨が止まず、まだ歩いている参加者は大変だなと思う。家にあるもので食事をし、とても眠いので15時から寝て20時に目が覚める。

 

昨日、今日と第13回糸島三都110キロウォークに参加。本大会は初参加。
56㎞コースを2周する本大会。1周目は曇り空と歩きやすい天気で余力もあって良いペースで歩くことができたが、2周目に入ると雨に加えて足が徐々に重くなり、さらに90㎞を過ぎたところでの強風はとてもこたえた。でも、これまでで最長の112㎞という距離だったが、けっこういい記録で完歩できてよかった。

本大会のコースは歩道が広く歩きやすかった。トイレもコンビニ駐車場に仮設トイレを設置するなど要所にトイレがあり、トイレの近い私にとっては安心して歩くことができた。また、周囲を歩く参加者も100㎞ウオーク常連が多いためだろうか、店舗入口で出入りする自動車に道を譲るなどとてもマナーがよく、いい雰囲気の大会だと感じた。

スタッフの皆さん、雨が降るなか、ありがとうございました、本当にお世話になりました。

 

歩いたコース

第13回糸島三都110キロウォーク 2024-05-11 / まっさんさんの糸島三都110キロウォークの活動データ | YAMAP / ヤマップ